》》》 トウガラシ博士 NEWS倉庫

■□■□■
  トウガラシ博士活動報告 2016 ■□■□■

⇒ トウガラシ博士の最新NEWSはこちら

2016年11月16日更新

 農林中金総合研究所2016.11.10総研レポート
地域振興における大学と農協との連携に関する調査に「清水森ナンバ(トウガラシ)」ブランド確立研究会が紹介されました。

▼農林中金総合研究所2016.11.10 総研レポート




2016年11月1日更新

 10月に行われた弘前大学の学園祭では、学生の皆さんが豚汁に清水森ナンバ(トウガラシ)の一味をたくさんかけ、とても美味しそうに食べてくれました。列ができるほど人気で大好評でした。

▼弘前大学祭人気の清水森ナンバ







2016年11月1日更新

 東北栄養専門学校学園祭。 学園祭期間中「清水森ナンバ(トウガラシ)」が非常に好評で、一般の方の客足が伸びたことにより、学園祭が盛り上がりました。

▼炭火で焼いた清水森ナンバ
▼清水森ナンバを使用した「きゅうりの佃煮」








2016年10月25日更新

 「清水森ナンバ(トウガラシ)を使って減塩タイプのキュウリの佃煮」学園祭で販売、好評 焼青ナンバ・・・学校法人柴田学園グループ4校の一つ、東北栄養専門学校にて。

▼陸奥新報 2016年10月23日




2016年10月18日更新

 「清水森ナンバ(トウガラシ)」が、東奥日報2016年10月18日に「ディカバー農山漁村の宝」に選定された記事が掲載されました。

▼東奥日報 2016年10月18日




2016年10月18日更新

 10月15日(土) ABA青森朝日放送さんの青森県版番組「ハッピィ」 殿様が愛した唐辛子/清水森ナンバin弘前 の生放送にて、「清水森ナンバ(トウガラシ)」を使ったアヒージョとペペロンチーノを、ABAの木邨將太さん・坂本佳子さん・稲葉千秋さんが、朝日放送「朝だ!生です 旅サラダ」中継後のラッシャー板前さんにご馳走しました。放映はAM9:35〜

10月15日ABA森朝日放送さんが青森県版番組「ハッピー」 、殿様が愛した唐辛子/清水森ナンバ(トウガラシ)in弘前から「清水森ナンバ」の料理 アヒージョとペペロンチーノを、ABAの木邨將太さん・坂本佳子さん・稲葉千秋さんが朝日放送「旅サラダ」後、生放送でラッシャーさんにご馳走しました。放映はAM9:35〜



▼青森朝日放送「ハッピィ」








2016年10月18日更新

 ABC朝日放送朝だ!生です 旅サラダ」10月15日(土)AM8:51〜
ラッシャー板前さんとABA青森朝日放送の坂本佳子アナ、400年の伝統野菜である「清水森ナンバ(トウガラシ)」を弘前市の圃場から全国生放送で紹介。


「清水森ナンバ(トウガラシ)」の種子管理や研究、共に畑の運営を手伝っている地元弘前大学農学生命科学部の学生さんが登場。

あかつきの会の皆さんは生の青ナンバを焼いたり、あかつきの会手作りの一升漬は、ご飯の上に柏木農業高校提供の生卵と一緒にかけて「旨い!」とラッシャーさん。タイ料理店「弦や」さんのグリーンカレーも現地で鍋にかけてアツアツを振る舞い、続いて中川先生と今年卒業した生徒さんがマルちゃんでおなじみ東洋水産のシャモロックスープを鍋じたてで提供するなど、番組中皆さんに作って食べて頂き、その感想がスタジオの皆さんをつないで生放送されました。

 ◇ 清水森ナンバ(トウガラシ)一升漬「日本おみやげアカデミー賞 金賞受賞」
 ◇ 弦やグリーンカレー「あじわう!ご当地グリーンカレーレシピコンテスト最優秀賞受賞」
 ◇ シャモロックスープ「津軽仕立て ロックなスープ」東洋水産主催コンテスト優勝
 
 ※各種ナンバの加工品は、「楽天市場・青森の店」へ御注文下さい。

なお生果は、天候により霜が降りると終了いたします。
この頃は果肉が堅め、小ぶりになり、焼いたり天ぷらなどがオススメです。


▼朝日放送「旅サラダ」 弘大農学生命科学部・学生さん




2016年10月3日更新

 日本農業新聞に清水森ナンバ(唐辛子)が掲載・紹介されました。


▼日本農業新聞 2016年9月30日

※ ↑クリックで拡大


2016年9月28日更新、10月6日更新

 「マルちゃん」でお馴染みの、東洋水産(株)取締役加工食品事業本部長さん御一行が、青森県立柏木農業高校(西館実校長)を訪問。
       
昨年大会で最優秀賞を受賞したスープ(柏木農業高校生徒さん作)が、カップ入りスープとして商品化されました。その伝達に東洋水産から3名の方々がお出でになりました。青森のシャモロックやホタテ、清水森ナンバ(トウガラシ)を使った美味しいスープです。まもなく発売されます。

 【Link】… Yahoo!ニュース「まろやか風味のロックなスープ商品化」

▼東奥日報 記事



▼陸奥新報 記事



▼2016年10月6日追加アップ
津軽新報 2016年9月30日 記事




2016年9月26日更新

 青森県弘前市立堀越小学校(竹内史宗校長)さんが、古くから学区に伝わる「清水森ナンバ(トウガラシ)」栽培学習の集大成で料理教室開催・・・陸奥新報報道

▼堀越小学校 ナンバ料理




2016年9月17日更新

 道の駅ひろさきのサンフェスタいしかわでは、積極的に「清水森ナンバ(トウガラシ)」を使った食事が楽しめます。

定食や豚辛丼を数量限定で11:00〜15:00提供しております。

【Link】・・・道の駅ひろさき・サンフェスタいしかわ

▼道の駅ひろさき サンフェスタいしかわの食事




2016年9月14日更新

 当会会員の青森県立柏木農業高等学校が、東洋水産主催のスマイル"フード"プロジェクトin東北2015で優勝いたしました。その内容は、青森県産地鶏「シャモロック」や「ホタテ」と「清水森ナンバ(トウガラシ)」を材料に柏木農業高校がスープメニューを開発、東洋水産が商品化し発売予定日(10月3日・東北地区にて新発売)を公表いたしました。


【Link】東洋水産ニューリリース「津軽仕立てシャモロックだしスープ」


【Link】東洋水産ニューリリース「津軽仕立てシャモロックだしスープ」PDF


▼2016年10月6日追加アップ
津軽新報 2016年9月30日 記事




2016年9月6日更新

 「清水森ナンバ(トウガラシ)」発祥の地にある弘前市立堀越小学校(竹内史宗校長)の6年生の生徒さんが、校庭に400年の歴史あるナンバ(唐辛子)の収穫に伴い、再び、弘前公園の隣にある津軽藩ねぷた村の朝市(毎週日曜日朝6:30〜7:30)にて販売体験を行いました。

第2回目の清水森ナンバ販売体験自習は前回と生徒さんが入れ替わり、校長先生や小田桐先生、桜井先生などの先生方や父兄の皆さん応援の中で7時前には売り切れました。簡単な調理メモもよろこばれておりました。


▼堀越小学校 ねぷた村朝市 販売体験








2016年9月2日更新

 弘前市が発行している総合情報誌・広報ひろさき2016.9.1(No.253)。15ページのうち1ページにて、清水森ナンバ(唐辛子)について弘前名物「清水森ナンバ(トウガラシ)」を食べよう!!と大きく掲載されました。
▼広報ひろさき2016 2016.9.1(No.253)




2016年8月26日更新

 清水森ナンバ(トウガラシ)を使ったグリーンカレー「弦や」さん、陸奥新報が13面記事で紹介
▼陸奥新報 記事




2016年8月12日更新

 東北六県のお殿様の食事に、青森県弘前藩(津軽藩は正式には津軽家)のお殿様の食材に清水森ナンバ(唐辛子)を使った料理が紹介されます。

 8月29日<19:00〜19:54>
 テレビ朝日系列6社同時ネット
 青森朝日放送・岩手朝日テレビ・東日本放送・秋田朝日放送・山形テレビ・福島放送

 是非ご覧下さい。


▼東日本放送 城下町グルメ(仮)




2016年8月12日更新

 「清水森ナンバ(トウガラシ)」発祥の地にある弘前市立堀越小学校(竹内史宗校長)の6年生の生徒さんが、今年も校庭に400年の歴史あるナンバ(唐辛子)の定植苗を定植。無事に収穫の時期をむかえ、弘前公園の隣にある津軽藩ねぷた村の朝市(毎週日曜日朝6:30〜7:30)にて販売体験を行いました。

校長先生や小田桐先生、桜井先生などの先生方や父兄の皆さん応援の中、7時前に売り切れました。簡単な調理メモもよろこばれておりました。

▼ねぷた村の朝市にて 2016年7月
▼東奥日報記事
堀越小学校 朝市販売体験





2016年7月22日更新

 清水森ナンバ(唐辛子)の苗を、弘前市立第二中学校(竹内徹校長)で鉢植え体験を実施しました。


<7月17日 陸奥新報の記事より抜粋>

 「成長願い苗を丁寧に」  弘前市の第二中学校(竹内徹校長)の1年生155人は15日、恒例行事となった津軽地方在来種のトウガラシ「清水森ナンバ(トウガラシ)」の鉢植え体験をした。弘前に伝わった経緯などを学んで地元の歴史に触れ、ナンバの成長に期待した。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弘前大学農学生命科学部国際園芸農学科 准教授 前田智雄、准教授 本多和茂、教育学部 准教授 勝川健三、青森県中南県民局地域農林水産部農業普及推進室 蝦名勇次主幹、他会員。

学校の教員・笹森健司先生他生徒さんに栽培研修会を行いました。








▼陸奥新報 記事 2016年7月17日


▼東奥日報 記事




2016年7月4日更新

 (株)集英社【エクラ】2016年8月号・117ページに、[青森県] 弦やの清水森ナンバ(トウガラシ)グリーンカレー手作りセットが掲載されました。


▼集英社・雑誌「eclat」(エクラ) 2016年8月号



▼P117
弦やの「清水森ナンバグリーンカレー手作りセット」




【Link】 集英社・雑誌「eclat(エクラ)」

【Link】 アジアンエスニック「弦や」清水森ナンバグリーンカレー手作りセット



2016年7月4日更新

 人気のレシピサイト【楽天レシピ】×弘前大学の協働プロジェクト、「減塩で高血圧予防!3ダウンレシピコンテスト」の5月のテーマ「薬味・スパイスで補う3ダウンレシピ」に清水森ナンバ(トウガラシ)が掲載されました。

▼減塩で高血圧予防!3ダウンレシピコンテスト




※清水森ナンバセットのプレゼント応募の受付はすでに終了しております

 【Link】 楽天レシピ
 【Link】 楽天レシピ・特別企画「減塩で高血圧予防!3ダウンレシピコンテスト」
【Link】 楽天レシピと弘前大学、レシピを通じた高血圧予防で協働(楽天株式会社)
【Link】 楽天レシピと弘前大学、レシピを通じた高血圧予防で協働(弘前大学COI


2016年6月15日更新

 弘前大学生協のレストラン「スコーラム」にて、6/17まで清水森ナンバ(トウガラシ)ペペロンチーノ を提供しております。


【Link】 弘前大学弘前大学生活協同組合「スコーラム」



2016年6月13日更新

 旅ガイド雑誌「あおもり見つけ隊が行く!!」に紹介されました

 泰斗舎発行の旅ガイド雑誌「あおもり見つけ隊が行く!!」に清水森ナンバ(トウガラシ)が紹介されました。P151 居ながらにして津軽・弘前満喫「津軽藩ねぷた村」の注目のお土産として、一味唐辛子や一升漬、きのこなんばん漬が紹介されております。

▼あおもり見つけ隊が行く!!


▼P151




2016年6月1日更新

 5月30日会員の皆さんの圃場も定植の準備が調ったようです。中田副会長の実証圃で、清水森ナンバ(トウガラシ)の定植研修会を実施しました。講師は青森県中南県民局農業振興室蝦名主幹、実証圃担当の中田副会長そして私です。弘大 吉仲怜先生も参加いただきました。今日のお天気は晴れ、津軽富士岩木山の麓で作業研修会でした。

▼定植研修会







▼2016年6月8日 東奥日報記事


▼2016年5月30日 陸奥新報記事




2016年6月1日更新

  OZマガジンプラスに「清水森ナンバ(トウガラシ)」一升漬が紹介されました。

▼ozマガジンプラス表紙
「都道府県ご当地ショップ売れ筋ごはんのおとも」に清水森ナンバ一升漬





2016年5月19日更新

  青森県弘前市周辺の高級飲食店では、「清水森ナンバ(青唐辛子)」を使った豚辛丼を提供しているお店が三十数店あり、それぞれのお店の持ち味を生かし美味しく提供しております。その中で弘前市城東北3丁目1-12「東家」さんでは、小鉢やお刺身もついて、郷土色豊かな上品な味の定食を提供しております。きっとご満足いただけることでしょう!先日フジTVで紹介されたそうです。

【Link】 美和・和食の館【東家】HP

▼ひろさき豚辛丼



▼東家スタッフ(撮影後の記念撮影)




2016年5月9日更新

  今年も「清水森ナンバ(トウガラシ)」の苗を植えるシーズンが近づきました。ポット苗は5月30日13:00〜13:40に会員の皆さんに配布予定です。

会員の皆さんは、圃場づくりの準備が始まりました。

▼大輝・馬喰町







2016年5月9日更新

  平成28年度の第1回目のセル苗の配布が終了しました。大変元気な苗でした。

▼2016年5月7日 セル苗の配布終了









2016年4月19日更新

  日本種苗協会から「清水森ナンバ(トウガラシ)」の地域特産物マイスターに認定されました。中村会長の言葉です。

「弘前大学農学生命科学部の嵯峨元教授、前田准教授をはじめ多くの先生方、青森県農林部農業普及の皆さん、(独)青森県産業技術センター農産物加工研究所、農林総合研究所や弘前市農林部の皆さん、会員の生産者や業者の皆さんのご協力を頂き13年目を迎えました。会長の中村元彦だけが頂いた訳ではありません。皆さんが頂いたものと思っております。」

▼東奥日報 記事


▼陸奥新報 記事




2016年4月14日更新

  第13回 総会が無事終了いたしました。

始めに、農業普及振興室 蝦名主幹・JAつがる弘前営農指導の皆さんが、栽培会員の土壌検査結果による質疑応答・営農指導を実施。終了後、総会を始めました。

(独)産業技術センター農産物加工研究所 富田所長さん・・・(清水森ナンバ(トウガラシ)を使ったメレンゲのレシピと試作品を提供していただきました)、青森県中南県民局農林水産部農業普及振興室 工藤室長さん、弘前市農林部農業政策課 三上課長さんをはじめ、21あおもり産業支援センターから岡部さん他2名、弘前大学農学生命科学部渋谷長生教授に連続13年司会をお願いし、開催しました。

 
新人会員の紹介から始まり、事業報告・決算報告・予算案や事業計画の承認、役員改選で全員留任が承認されました。

▼第13回 総会

▼中南県民局農林水産部農業振興室室長

▼(独)青森県産業技術センター
農産物加工研究所所長


▼(独)青森県産業技術センター農産物加工研究所
清水森ナンバ(トウガラシ)を使った試作品


▼渋谷長生教授を挟んで
中村元彦会長(右)と 中田嘉博副会長(左)



▼トウガラシ博士 前田智雄准教授




▼第13回 総会 東奥日報記事


▼第13回総会 陸奥新報記事




2016年4月13日更新

 発行所「株式会社虎杖東京企画室(東京都中央区築地4-12-2)」、お散歩マップ「東京A級グルメ」(TAKE FREE) 日本橋 銀座 築地界わいの「ふるさとアンテナショップガイド」に、当店の新富町位置地図や清水森ナンバ(トウガラシ)一升漬が紹介されました。






2016年3月28日更新

 NHK文化センター弘前教室30周年記念では、「清水森ナンバ(トウガラシ)」を使った料理教室を開催いたします。




▼3月26日(土) NHK カルチャー教室 文化センターにて





2016年2月29日更新

 28年度「清水森ナンバ(トウガラシ)」の播種の打ち合わせを小堀農園社長さんと私と中村会長、事務局の3名でセル苗やポット苗、接ぎ木苗の播種時期や苗の引き渡し予定日を打ち合わせをしてきました。

 例年より少雪が気になる今日のお天気でした。

▼平成28年の育苗打ち合わせ











2016年2月27日更新

 平成28年2月27日弘前市と相馬村が合併し10周年を迎えました。今日の東奥日報に弘前市と相馬村合併10周年の記事写真に「清水森ナンバ(トウガラシ)」が掲載されました。

▼東奥日報2016年2月27日 弘前市合併10周年



▼東奥日報2016年2月27日 清水森ナンバ(トウガラシ)




2016年2月25日更新

 青森県弘前市国語教育研究会 文集「ひろさき56号」に小学校2年松原の坂本夕弦君の作品が掲載されました。

 ありがとう つがるためのぶ公
 清水森は、つがるためのぶというとのさまが400年前に、
 京都から持ち帰って、広めたんだって。」
 と、お父さんが教えてくれました。
 ・・・・・・P44〜46

▼文集ひろさき56号




2016年2月12日更新

 優勝レシピの製品化

 青森県立柏木農業高校の生徒さんがスープレシピコンテストで優勝したレシピを基に、コンテストを主催した東洋水産さんが、フリーズドライのカップ入りスープを製造。製品が柏木農業高校のみなさんに贈られました。このスープの材料には、学校で栽培した「清水森ナンバ」(唐辛子)も使用されています。

▼青森県立柏木農業高校の皆さん




2016年2月12日更新

 青森県立弘前実業高等学校 校長 笹浩一郎先生から、「平成27年度ドリカム人づくり」各課連携ものづくりプロジェクト報告書「三大疾患!長生きX2青森県」を頂きました。これまでも、「清水森ナンバ(唐辛子)」を平成21年から栽培から加工品まで関わっていただきました。校長先生ならびに関わって頂いた先生方、生徒さんに感謝申し上げると共に今後もよろしくお願いいたします。

▼表紙

▼調理画像


▼これまでの活動





 私が退任して以来、「清水森ナンバ(唐辛子)」の種子選別や播種確認など、一連の研究を後任の弘前大学農学生命科学部 前田智雄准教授に引き継いでもらっております。今年の圃場に定植する準備作業が始まりました。(嵯峨先生談)

前田智雄先生のトウガラシ発芽試験の様子















 本年度の在来津軽「清水森ナンバ(唐辛子)」ブランド確立研究会の研修会が無事終了しました。

※農水省都市農村共生・対流総合対策交付金事業を活用しました。


 先ずもって、亡き吉川兼作(92歳)さんの報告がありました。

 続いて新入会員の紹介がありました。

 今年度の栽培反省課題や研究成果について報告され、商品開発した成果の試食もなされました。

 弘前大学からは5名の先生がた、そして、21あおもり産業支援センター・金融機関、小・中・高の先生がた・栽培者・加工会員の皆さん、南県民局長さん、弘前市、(独)県農産物加工研究所、監査役のJAつがる弘前、JA津軽みらい等、沢山の方に参加していただきました。

(農水省都市農村共生・対流総合対策交付金事業を活用しました。)

▼東奥日報記事 平成28年1月21日


▼陸奥新報記事 平成28年1月23日


▼悪天候にもかかわらず

▼弘前市より

▼前田智雄准教授ナンバ執筆紹介

▼ひろだいカレーやキムチ・ナンバ漬・ラスク等試食

▼販売されている商品





 弘前市相馬(旧相馬村)中央公民館で清水森ナンバ(トウガラシ)の料理講習会を開催しました。「テレビマンユニオン」 池田さん達が撮影されてました。

※農水省都市農村共生・対流総合対策交付金事業を活用しました。



▼相馬中央公民館であかつきの会 講習会









 東奥日報「社説」に県内伝統野菜にエールが送られました。その中で、トップに「清水森ナンバ(唐辛子)が掲載されました。

▼東奥日報記事 平成28年1月13日(水)





 清水森ナンバ(トウガラシ)ブランドで「弥生モリモリ漬」発売。
 NPO障害者支援
 県・市・21あおもり産業・農水省(都市農村共生・対流総合対策交付金)など、大勢の皆さんのご協力いただきました。

▼東奥日報記事 2016年1月7日




▼陸奥新報記事 1月6日





 平成28年 青森県立柏木農業高校が陸奥新報に、「め〜ど ごはんDEピザ」清水森ナンバ(唐辛子)のタレが紹介されました。

▼陸奥新報記事 1月1日



◇トウガラシ博士TOPページに戻る
Copyright(c)2004-2017 aomoriken tokusanhincenter, all rights reserved.