HOME&NEWS TOP(ホーム&ニューストップ) 【更新】2018年6月18日



クリック↑で、当店のネット販売サイト・楽天市場【青森の店】へ


青森県特産品センターへようこそ!当店は、青森県内の生産者及び生産者団体の販売窓口です。アンテナショップ東京店・弘前店の活動案内、旬にこだわった特産品のお買い物がお楽しみいただけます。

 トウガラシ博士のコーナー 


▼6月12日更新
6月8日、弘前大学農学生命科学部の学生14人が弘前市内の畑に集まり、
授業で行っている研究の一環として「清水森ナンバ®」の苗400本を植えた様子が
NHKのニュースに取り上げられました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017年2月9日開設
在来津軽「清水森ナンバ」 公式FACEBOOK

※青森県特産品センターの【リンク】ページよりおすすみください。

2017年8月17日開設
青森県特産品センター東京店 公式FACEBOOK



NEWS MENU > 2017年  2016年  2015年   2014年  2013年 



▼ アンテナショップ東京店 入荷情報 ▼
6/18(月) 弘前より、「嶽わさび」「ワサビの茎」「みず(山菜)」
「クレソン」「根曲がり竹」「さくらんぼ(香夏錦)」が入荷。

6/18(月) 本日16時頃、鮮魚類が入荷。
(タイ、水草カレイ、ホヤ、ホタテ、トゲクリガニ、アブラメ、クロソイ、真ダコ、活シジミ)

6月 季節限定、田子町産「生にんにく」が今季初入荷。


▼ 東京店イベント(SALE)のお知らせ ▼
6/21-6/23の3日間、東京店「祝28周年記念セール」を開催予定です。

2018年6月18日(月) 東京店

 
入荷速報・鮮魚類

 青森県の西側で日本海に面する深浦町で水揚げされた鮮魚類や、陸奥湾でとれた活ホタテやトゲクリガニ、十三湖産の活シジミ等が入荷しております。現在、店内には青森の海産物がいっぱいです!

▼本日のお魚(鮮魚)
ホヤ、活ホタテ、トゲクリガニ(オス)、クロソイ、アイナメ、タイ、水草カレイ、真ダコなど

また、弘前からクレソン、山菜「みず」、根曲がり竹、さくらんぼ(コウカニシキ・香夏錦)のほか、人気のみはる農園「嶽わさび」やワサビの茎なども入荷しております!!

▼ホヤ

▼タイ

▼真タコ


▼トゲクリガニ


▼根曲がり竹


▼嶽わさび


▼さくらんぼ



2018年6月18日(月) 東京店

 
6/21-6/23 東京店【祝28周年記念SALE】開催のお知らせ

 青森県産品を首都圏に売り込むため東京に事務所の開設したのが昭和51年とのことなので、正確には40年以上の歴史がある当店ですが、平成2年に青森県産品を販売するアンテナショップとしての現在の業務形態となり早いもので28年。お客様の日頃のご愛顧に感謝し、東京店28周年記念セールを開催いたします!!

【日程】6/21(木)、6/22(金)、6/23(土)
※土曜日は15時30分までの営業です。

【協賛】水晶米あおもり事業協同組合、青森県米需要拡大推進本部
6/21(木)11時~14時頃まで、「ミス・クリーンライスあおもり」による青森県産米(青天の霹靂・つがるロマン)のPRキャンペーン。

【協賛】有限会社マルナカ漁業(野辺地町)
6/22(金)午前10時より、陸奥湾産【活ホタテ】を特別価格にて販売予定。

【協賛】かねさ株式会社(青森市)
元祖津軽味噌や顆粒みそのパラミソでお馴染み「かねさ」さんの、【かねさ糀つぶみそ減塩】750gなどをはじめとした8品目を特別価格で販売。

【店内SALE】一部商品(30品以上)をこのときだけの特別価格で販売いたします!

※各商品は在庫に限りがありますので、売り切れの際は何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。また、一部商品はお一人様3点までとさせていただきます。

※SALE品はすべて店頭での販売価格になります。メール・お電話・FAX等でのご注文には適用されません。

皆様のご来店をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

担当:高森(東京店)
青森県特産品センター




2018年6月14日(木) 東京店

 入荷情報・竹の子の水煮


 今季4回の入荷で非常にご好評をいただいておりました、生の「根曲がり竹(姫竹・細竹)」がそろそろ終了するかもしれないとのことですので、岩木屋(弘前市)さんが製造している、青森県産の細竹を使用した水煮の瓶詰めをご用意させていただきました!!

▼岩木屋【姫竹の子水煮】瓶入り



2018年6月13日(水) 東京店

 東京青森県人会「東京と青森」6月号


東京青森県人会が発行する会報誌「東京と青森」(毎月一回10日発行)に青森県特産品センター東京店のご案内を掲載いただいております。

▼東京青森県人会HP
http://tokyoaomorikenjinkai.com/

▼東京青森県人会フェイスブック
https://www.facebook.com/TokyoAomoriKenjinkai/

※東京青森県人会は、首都圏に在住する会員相互の親睦を図り、併せて郷土の発展に寄与することを目的に、昭和22年(1947年)に設立。会員は青森県出身者及び縁故者によって組織されています。

 青森県特産品センター東京店では、お買い物の際に東京青森県人会の会員証をご提示いただくと、お買物合計金額(セール品や送料、産地直送品を除く)からレジにて5%オフ!!を実施中です。

 また、日本随一の桜の名所として知られる「弘前公園」すぐ横の人気観光施設【津軽藩ねぷた村】におきましても、入村の際に受付にて会員証をご提示いただくと、入村料が値引きされるサービスを実施中です!!!

東京と青森2018年6月号に掲載



2018年6月5日(火) 東京店

 ★入荷情報(山菜・シオデ)


聞きなれない名前なので初めての方も多いと思いますが、山菜「シオデ」が少量ですが入荷いたしました。

このシオデ、「山アスパラ」や「山菜の女王」とも言われており、クセのない上品な味わいで人気の山菜ですが、群生しないため量の確保が難しいことでも知られており、店頭に並ぶのが珍しい貴重な山菜です。一部では「幻の山菜」とも言われているとか・・・。

アスパラガスに似た味わいでクセがなく、軽く茹でてマヨネーズで食べたり、天ぷらやおひたし、みそ汁など食べ方は様々です(^^)

運よく店頭で出会えた際は、是非ご購入を検討いただければ幸いです。

また、本日は弘前より「ふきの水煮(下処理済)」「クレソン」「ワラビ」なども入荷しております。

▼山菜シオデ(別名・ヒデコ)



2018年6月1日(金) 東京店

 ★入荷情報(田子町産の生にんにく)


2018年度収穫、田子町産の掘り立て「生にんにく」が初入荷いたしました!!!!

▼生にんにくについて
普段わたしたちが手にする通常のにんにくは、長期保管できるように収穫後に乾燥処理を施しているのに対し、生にんにくは掘り立てが用意できる収獲時期(6月・2-3週間程度)にしか味わえない特別なにんにくです。また、スーパー等にはまず並ばないため、一般的にはなかなか手に入りません。掘り立てのみずみずしさとシャキシャキの食感、鮮度の良い香りと辛味はこの時期だけの贅沢な味わいです!!

※画像はネットに入った状態で届いた様子を撮影しておりますが、現在「生にんにく」は1個単位で販売中です。

▼初入荷!生にんにく(田子町産)



2018年6月1日(金) 東京店

 おしらせ(観光ガイドブック・あおもり紀行)


公益社団法人青森県観光連盟が発行する、青森県観光ガイドブック2018夏・秋編【あおもり紀行】の津軽・西海岸エリアの紹介ページ(P17)に、人気のお土産として青森県特産品センター「清水森ナンバ 一升漬」と、当店の関連施設「津軽藩ねぷた村」が紹介されております!!

▼青森県観光情報サイト・アプティネット
青森県観光ブック「あおもり紀行」
https://www.aptinet.jp/ap_pamphlet_aomorikiko.html

▼清水森ナンバ一升漬200g(楽天市場【青森の店】)
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/10000451/

▼津軽藩ねぷた村(弘前市)
https://www.facebook.com/tsugaruhanneputamura
http://neputamura.com/
▼清水森ナンバ一升漬

▼津軽藩ねぷた村(弘前市)

▼青森県観光ガイドブック・あおもり紀行



2018年5月29日(火) 東京店

 入荷情報(シドケ・ワラビ他)


本日、世界遺産【白神山地】に連なる鷲巣山で採取された人気の山菜・シドケが店頭入荷いたしました。「おひたし」などで調理していただき、旬の山菜特有の春の苦みを感じていただきたいです!!他にも弘前からはワラビとクレソンが入荷しております。

また、三戸町の農産加工品直売所【SAN・SUN産直ひろば】からは、山菜みず・フキ・ワラビ・シドケ・アスパラ・白カブ等が入荷しております。少しずつですが、山菜ミズが大きく成長してきております。

★お知らせ
明日5/30(水)夕方16時頃に「根曲がり竹(姫竹)」が再入荷予定です。

▼シドケ(弘前市)


▼山菜ミズ・ワラビ・フキ・アスパラ



2018年5月23日(水) 東京店

 入荷情報(根曲がり竹)


今が旬の「根曲がり竹」が入荷いたしました!

▼根曲がり竹(姫竹・細竹)
 根曲がり竹はチシマザサの若芽で笹の仲間ですが、青森ではタケノコと言えば「根曲がり竹」のことをさします。えぐみやアクが少ないうえに食感がよく、青森の郷土料理「けの汁」「飯ずし」「生姜味噌おでん」などにも使われ、古くから親しまれている山菜です。

※余談ですが、クマも「根曲がり竹」が大好きなため、山での採集する地元の方はいつも命がけだとか。

 お味噌汁、天ぷら、竹の子ご飯、和え物や炒め物など食べ方は様々ですが、洗ってそのまま皮ごと網焼きにして(グリルでもOK)、皮をむいて醤油や味噌、塩などをつけてシンプルに食べるのがオススメです(^^)

 根曲がり竹の取扱期間は短いです。旬の味わいを是非楽しんでください!!

 他にも、「嶽わさび」「わさびの茎」「ワラビ」「クレソン」「ふき(水煮)」「陸奥湾産トゲクリガニ」が本日入荷しております。


▼根曲がり竹


<入荷履歴>5/22、5/30、6/6、6/12

2018年5月17日(木) 東京店

 入荷情報(山菜シドケ)


本日は弘前市で採れた天然のシドケが入荷いたしました。

▼シドケ(もみじがさ)
野性味のある独特の香りとほろ苦さがありますが、店頭に並べたそばからすぐに売り切れてしまう人気の山菜です。青森県人に限らずですが、東北人は特にこのシドケが大好きなんだそうです。

高温で揚げる天ぷらはほろ苦さが消えて食べやすくなりますが、シドケ独特の香りと味わいを楽しむのであれば「おひたし」がオススメです!!

※茹でる際は塩を少々入れてください。色合いがやや鮮やかになります(^^)




2018年5月15日(火) 東京店

 入荷情報(山菜とトゲクリガニ)


★5/15入荷情報(山菜とトゲクリガニ)

①三戸町の農産加工品直売所【SAN・SUN産直ひろば】より、天然の山菜が色々と入荷いたしました!

ワラビ(今季初入荷)、ミズ(今季初入荷・やや小さめ)、フキ、タラの芽、コシアブラ、コゴミ、ボンナ、シドケ。


②弘前市より、「クレソン」と「ふきの水煮」が入荷。こちらは特別価格で販売中です!

※「ふきの水煮」の写真は後日投稿予定です。

「ふきの水煮」はアク抜きしてすじをむいてありますので、下処理をせずそのまま調理することができます!春らしく「ふきの煮物」がオススメです。


③今週も、人気の陸奥湾産【トゲクリガニ(メス)】が入荷いたしました!そろそろ終了するかもしれませんが、ギリギリまで入荷できれば思っております。

本日も春の食材満載のにぎやかな店内です(^^)


④お知らせ
来週あたりに「姫竹の子(根曲がり竹・細竹)」が入荷予定です

▼山菜各種(SAN・SUN産直ひろばより)


▼クレソン(弘前市)



▼トゲクリガニ(野辺地町)



2018年5月15日(火) 東京店

 東京青森県人会「東京と青森」5月号


東京青森県人会が発行する会報誌「東京と青森」(毎月一回10日発行)に青森県特産品センター東京店のご案内を掲載いただいております。

▼東京青森県人会HP
http://tokyoaomorikenjinkai.com/

▼東京青森県人会フェイスブック
https://www.facebook.com/TokyoAomoriKenjinkai/

※東京青森県人会は、首都圏に在住する会員相互の親睦を図り、併せて郷土の発展に寄与することを目的に、昭和22年(1947年)に設立。会員は青森県出身者及び縁故者によって組織されています。

 青森県特産品センター東京店では、お買い物の際に東京青森県人会の会員証をご提示いただくと、お買物合計金額(セール品や送料、産地直送品を除く)からレジにて5%オフ!!を実施中です。

 また、日本随一の桜の名所として知られる「弘前公園」すぐ横の人気観光施設【津軽藩ねぷた村】におきましても、入村の際に受付にて会員証をご提示いただくと、入村料が値引きされるサービスを実施中です!!!

▼東京と青森2018年5月号に掲載




2018年5月10日(木) 東京店

 入荷情報(山菜各種)


★5/10入荷情報・山菜とシイタケ
弘前市より、世界遺産・白神山地に連なる「鷲巣山」で採れた山菜(タラの芽・山ウド・アザミ)と、自然栽培のシイタケが入荷いたしました。シイタケの傘の開き具合は様々ですが、自然栽培なので風味も歯応えも抜群です!

▼タラの芽
言わずと知れた山菜の定番。天ぷらが一般的ですが、アク抜き(2分ほど茹でたあとに冷水さらす)してあひたしや和え物、パスタや炒め物などに!

▼山ウド
アク抜き(酢水で10-15分程度)して、穂先は天ぷら、皮はきんぴら、皮をむいた茎はスライスして酢味噌和えや、サラダ、煮物、澄まし汁などに。

▼アザミ
クセはなく独特のシャリシャリとした食感の山菜。葉にトゲがありますが、サッと湯がくとトゲがなくなります。茹でたものを油で炒めるのが定番です!みそ汁の具や胡麻味噌和え、天ぷら等。









2018年5月7日(月) 東京店

 入荷情報(山菜各種)


三戸町の農産加工品直売所【SAN・SUN産直ひろば】より、山菜各種(ボンナ・シドケ・コシアブラ・タラの芽)が入荷いたしました!

※ちなみに、本日入荷の山菜はすべて天然物です。

特に、貴重な「コシアブラ」と「シドケ」は今季初入荷!!天ぷらにおひたしにと人気の山菜です(^^)

毎年GW明け頃から山菜の本格的なシーズンです。
旬の食材の入荷情報は随時こちらでご案内いたします!!

▼コシアブラ(三戸町より)



2018年4月24日(火) 東京店

 入荷情報(トゲクリガニとタラの芽)


★4/24入荷情報・トゲクリガニ(4月3回目)
野辺地町のマルナカ漁業さんより、大好評の陸奥湾産【トゲクリガニ(メス)】と【ホタテの稚貝】が入荷しております!!

★4/24入荷情報・タラの芽(初入荷)
また、青森県三戸町農産加工品直売所「SAN・SUN産直ひろば」より、山菜【タラの芽】が今期初入荷いたしました。「タラの芽」はやっぱり天ぷらがオススメです!!

▼4/24[15:24]頃の入荷。陸奥湾産トゲクリガニ。


▼山菜「タラの芽」※今期初入荷



2018年4月23日(月) 東京店

 入荷情報(山菜・コゴミ)


世界遺産・白神山地に連なる「鷲巣山(わしのすやま・弘前市)」で採れた春の定番山菜【コゴミ】が入荷いたしました!

▼山菜・コゴミとは…
クサソテツの若芽。同じシダ植物のワラビやゼンマイのようなアクはほとんどなく、クセのない春らしい味わいと食感が特徴の定番山菜です。茎も美味しいですが、くるんと巻いてる部分がコゴミのメインで、ワラビのように食感の中に若干のヌメリがあります。天ぷら(下茹でなし)や、おひたし、和え物(胡麻和え)、みそ汁等。下茹では少量の塩を入れ熱湯で2分程度、茹で上げて氷水に入れると色が鮮やかになります!

※くるんと巻いてる部分に枯葉などがはさまっていたりすることがあるので、よく水洗いしてから調理しましょう!

▼4/23初入荷【山菜・コゴミ】


▼鷲巣山で採取しました


2018年4月18日(水) 東京店

 入荷情報(新物わかめ)


階上町より、北三陸産【新物わかめ】が入荷いたしました。

肉厚で弾力のあるプリップリの食感と、新物ならではの風味豊かな味わいが絶品の人気商品です!!大きな箱に入って届いたわかめを店内で袋詰めして販売中。(200gと350g)

※水揚げ後に湯通ししたのち、日本の伝統的な保存方法をもちいて冷却・脱水・塩蔵したわかめです。水で戻し、塩分を抜いてお召し上がりください。しゃぶしゃぶ・サラダ・酢の物・汁物等。

▼北三陸産・新物わかめ



2018年4月16日(月) 東京店

 入荷情報(アザミと行者にんにく)


弘前市より、山菜「あざみ」が今季初入荷し、人気の「行者にんにく」が先週に引き続き今週も入荷いたしました!!

▼山菜・あざみ
個人的な感想になりますが、ややワイルドな味わいとシャキシャキとした食感、キク科特有の香りが特徴。サっと茹でて、お味噌汁や天ぷら、炒め物等にして食される春の定番山菜のひとつで、ちょっとクセがあるところに天然の植物としてのワイルドさを感じる山菜です。

▼アザミと行者にんにく



2018年4月11日(水) 東京店

 東京青森県人会「東京と青森」4月号


東京青森県人会が発行する会報誌「東京と青森」(毎月一回10日発行)に青森県特産品センター東京店のご案内を掲載いただいております。

▼東京青森県人会HP
http://tokyoaomorikenjinkai.com/

▼東京青森県人会フェイスブック
https://www.facebook.com/TokyoAomoriKenjinkai/

※東京青森県人会は、首都圏に在住する会員相互の親睦を図り、併せて郷土の発展に寄与することを目的に、昭和22年(1947年)に設立。会員は青森県出身者及び縁故者によって組織されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

青森県特産品センター東京店では、お買い物の際に東京青森県人会の会員証をご提示いただくと、お買物合計金額(セール品や送料、産地直送品を除く)からレジにて5%オフ!!を実施中です。

また、日本随一の桜の名所として知られる「弘前公園」すぐ横の人気観光施設【津軽藩ねぷた村】におきましても、入村の際に受付にて会員証をご提示いただくと、入村料が値引きされるサービスを実施中です!!!

▼津軽藩ねぷた村(青森県弘前市)
https://www.facebook.com/tsugaruhanneputamura

間もなく開催される「弘前さくらまつり」も今年で祝100周年!
さくらまつりにお越しの際は、津軽藩ねぷた村にも是非お立ち寄りいただきますようお願い申し上げます。

▼東京と青森2018年4月号に掲載



2018年4月11日(水) 東京店

 入荷情報(嶽わさび)


 みはる農園(弘前市)【嶽わさび】入荷いたしました!!

▼嶽わさびとは…
津軽富士と称される青森県で一番標高の高い【岩木山】の麓、嶽地区の「みはる農園」にて、岩木山の伏流水を活用し無農薬で栽培されているわさびが【嶽わさび】です。

一年を通して水温が10℃と安定している岩木山の伏流水はわさびを生育するのに最適であり、また通常よりも多くのミネラルを含んでいるため、高品質で安全・安心・美味しいわさびが育つ環境にあるんです。

嶽わさび特有の清々しい爽やかな辛味が、いつもの食材をより一層引き立たせます!皮ごと少量ずつすりながらご利用ください。

▼岩木山観光協会【嶽わさび】
http://www.iwakisan.com/touristinfo/2017/07/28/wasabi/

「嶽わさび」はグラム単位での量り売りになります。東京店では特別価格で販売中!!

また、「嶽わさびの茎」「クレソン」も非常によい状態で入荷しております!!

▼嶽わさび


▼クレソンと嶽わさびの茎



2018年4月10日(火) 東京店

 入荷情報(トゲクリガニ)


 野辺地町のマルナカ漁業よりより、陸奥湾産【トゲクリガニ(メス)】と【ほたての稚貝】が入荷いたしました!!

 今回入荷分はサイズがやや小ぶりですが、青森のお花見の席を彩る桜ガニとして知られているトゲクリガニは、これから5月中旬頃にかけて旬の時期をむかえます。濃厚な蟹味噌は絶品です!!!

不定期ですが確保でき次第、順次入荷予定です。


▼陸奥湾産トゲクリガニ(メス)

【入荷履歴】4/10、4/17、4/24、5/8、5/15、5/22、6/4


2018年4月9日(月) 東京店

 入荷情報(これでいいのか青森県)


2014年10月に発売され話題になった「地域批評シリーズ」の青森県バージョン、マイクロマガジン社【これでいいのか青森県】(編者:鈴木士郎)の文庫版が2018年4月13日に発売されます!!

※当店でも店頭販売いたします。出版社のマイクロマガジン社さんは東京店のお隣さんです。

※観光ガイドではありません!←ここ大事です。

青森県出身者の方はもちろん、そうでない方も十分に楽しめる内容の一冊です!読めば青森県の真の姿が見えるかも!?

▼これでいいのか青森県



2018年4月4日(水) 東京店

 販売担当のオススメ商品のご紹介です♪


◇ アラコウ水産【カリポリ貝ひも】40g

青森県産のホタテの貝ひもをカリカリに揚げてパウダーで味付けしたスナック系(?)に近い人気のおつまみ。カリポリっという歯ごたえのよい食感と、ホタテの貝ひもにあった絶妙な味付けでハマる人が続出中です。当店では「チキンミックス」「マヨネーズ味」「ガーリック味」を販売中です!!

▼カリポリ貝ひも



2018年4月2日(月) 東京店

 入荷情報(行者にんにく)


 三戸町にある農産加工品直売所『SAN・SUN産直ひろば』より、【行者にんにく】が入荷いたしました。

 修験道の行者たちが厳しい修行を行った際に山の中で食べたとされる山菜で、にんにくに似た独特の香りがすることからその名がついたとされる【行者にんにく】は、春先に登場する定番の山菜のひとつです。天然物も栽培物も、収獲できる大きさになるまでに3~5年ほどかかる言われており、貴重な山菜としても知られております。

 滋養強壮や疲労回復に効果がある「アリシン」を豊富に含んでいることでも知られており、おひたしや天ぷらだけではなく、ニラと同じような感覚で様々なお料理にご利用いただけます。また、生のまま味噌をつけて食べる方や、刻んで醤油漬にするお客様も!!初めてのお客様でも簡単に調理できるオススメの山菜です。

他にも「あさつき」「春菊」「アスパラ」「クレソン」が入荷しております。

▼行者にんにく(三戸町)



2018年3月27日(火) 東京店

 入荷情報(ふきのとう)


 三戸町にある農産加工品直売所『SAN・SUN産直ひろば』より、「ふきのとう」が入荷いたしました!「天ぷら」や「ふきみそ」などにオススメです。

他にも、三戸町産の「春菊」「アスパラガス」「ほうれん草」「小松菜」「つぼみ菜」「豆しとぎ(餅)」等が入荷しております。今日も店頭に入荷する山菜やお野菜から青森の春を感じております。

▼ふきのとう(三戸町)



2018年3月24日(金) 東京店

 入荷情報(ふじりんごのチューハイ)


東京では平年より早いペースで桜が開花しているとのことで、今週末3月24日頃から都内各所で満開になると予想されております。週末にお花見をされる際は、青森県の地酒も是非ラインナップに加えていただければ幸いです。

 さてさて、お花見以外にも何かとお酒を飲む機会が多くなるこの時期、お酒があまり強くない方にオススメしたいのが、国産素材にこだわったチューハイシリーズ・NIPPON PREMIUMのひとつ「青森県産ふじりんごのチューハイ」350mlです。

青森県産りんご「ふじ」の丸搾り果汁を使用し、アルコール分3%と比較的ライトな仕上がりにした缶チューハイ。商品パッケージには、青森県産品PRキャラクターである【決め手くん】と青森県産品のシンボルマーク【青森の正直】がしっかりと表示されおります。

果汁たっぷりで豊かなりんご味を実現した「青森県産ふじりんごのチューハイ」は、東京店にて好評販売中です!!

▼ふじりんごのチューハイ



2018年3月16日(金) 東京店

 東京青森県人会「東京と青森」3月号


東京青森県人会が発行する会報誌「東京と青森」(毎月一回10日発行)に青森県特産品センター東京店のご案内を掲載いただいております。

※「東京青森県人会」は、関東に居住する青森県出身者及び青森県にゆかりのある人たちの会です。

▼東京青森県人会HP
http://tokyoaomorikenjinkai.com/

▼東京青森県人会フェイスブック
https://www.facebook.com/TokyoAomoriKenjinkai/

 東京青森県人会は、首都圏に在住する会員相互の親睦を図り、併せて郷土の発展に寄与することを目的に、昭和22年(1947年)に設立されました。会員は、青森県出身者及び縁故者によって組織されています。10月~11月頃に行われるイベント「青森人(びと)の祭典」は他県人会にない大きな特色です。

 なお、【青森県特産品センター東京店】における東京青森県人会の会員様特典として、お買い物の際に会員証をご提示いただくと、お買い物合計金額(セール品や送料、産地直送品を除く)から5%オフ!!を実施中です。

東京青森県人会会員のお客様は、会員証特典を是非ご活用いただければと思います。

▼2018年3月号に掲載のご案内



2018年3月15日(木) 東京店

 入荷情報(干し菊)

JA八戸【ほし菊】(青森県産阿房宮)が入荷いたしました!!


▼干し菊は…
県内の主要産地は南部町。10月中旬から霜の降りる11月中旬頃までに収穫した食用菊「阿房宮」の花びらを長期保存できるように蒸して乾燥させたものが「干し菊(ほし菊・干菊)」です。鮮やかな黄色、そして香りはもちろん、しゃきしゃきとした食感で歯ざわりがいいのが特徴。地元では菊を使用したお味噌汁やおひたし・酢の物などが定番ですが、ラーメンやサラダ、お寿司、パスタなど、少し加えるだけで様々なお料理を鮮やかに彩ります!

▼JA八戸【ほし菊】1枚入り



2018年3月12日(月) 東京店

 入荷情報(煎餅のみみ)

渋川せんべい「煎餅のみみ」が入荷いたしました!!
お煎餅を焼く際に、型からはみ出た「みみ」の部分を集めて袋詰めにした商品です。その素朴な味わいで固定ファンの多い定番商品ですが、メインの煎餅を焼く際に出る副産物ですので、生産が落ち着く冬季は特に入荷が安定いたしません。店頭で見つけた際は是非ご購入を検討をいただければと思います!

▼煎餅のみみ



2018年3月7日(水) 東京店

 入荷情報(寒しじみ)

十三湖産「活しじみ(中粒)」が入荷したしました。なんだか急に寒くなりましたので、今日は温かい「しじみ汁」がオススメです!!

▼十三湖の大和しじみ
十三湖は津軽半島の北西部に位置し、白神山地から注ぐ岩木川の淡水と日本海からの海水が混合した汽水湖で、県内で3番目に大きな湖。しじみの生育環境が特に優れており、「十三湖産大和しじみ」はしじみのダシや旨味がよく出ると好評です。冬場の12月から3月は身が引き締まってうま味も凝縮しており、この時季のしじみは「寒しじみ」として人気があります。

※上記の説明は、青森のうまいものたち【特集】あおもりの旬2017年3月号「十三湖産大和しじみ」より抜粋いたしました。
http://www.umai-aomori.jp/k…/syun/201703/yamatoshijimi.phtml

また、当店の定番人気商品である、しじみちゃん本舗【しじみみそ汁】も好評販売中です!!!


▼十三湖産【活しじみ】※中粒


▼しじみちゃん本舗【しじみみそ汁】8食入り



2018年2月28日(水) 東京店

 入荷情報(招き猫ねぷた)

猫好きの皆様必見です。2月22日の猫の日に販売がスタートした、話題の【招き猫ねぷた】が東京店にも入荷いたしました!!数量限定ですが、小サイズと中サイズの2種類を店頭販売中です。

▼「招き猫ねぷた」は、桜で有名な弘前公園のすぐ横にある人気観光施設【津軽藩ねぷた村】で製作されております!!
https://www.facebook.com/tsugaruhanneputamura

▼招き猫ねぷた!!



2018年2月26日(月) 東京店

 入荷情報(青森県産アピオス)

例年よりやや入荷が遅れておりましたが、青森県産アピオス(ほどいも)が今期初入荷したしました!!現在、Sサイズ200gとLサイズ200gが入荷中。8月頃までは定期的に店頭入荷予定です。

★アピオスとは…
別名「ホドイモ」と呼ばれるマメ科の植物の根っこの部分です。原産地は北米ですが、日本では青森県から広がったと言われてます。青森県でりんごを導入した際に苗木の土中にアピオスが混じっていたと考えられており、実際に栽培法は青森県で確立され、生産量は青森県が全国一位です。茹でるだけでそのまま食べることができ(皮ごと食べることができます!)、栗とイモを合わせたような香ばしい味わいで人気です。マスコミ等で取り上げられたアピオスの滋養強壮効果については、その一部が徐々に解明されつつありますが、健康によい作物としても広く知られております。


▼青森県産アピオス(七戸町より)

※こちらはSサイズです。

2018年2月23日(金) 東京店

 入荷情報(林檎街道あっぷるぱい)
 

 弘前市の老舗製菓子店「かさい製菓」さんの、津軽のりんごを使ったケーキタイプのアップルパイ「林檎街道(平成14年明治神宮献上品)」が入荷いたしました!!

同じく、かさい製菓さんの「ゆべし(くるみ・ごま・しそ)」と一緒に店内中央にて販売中です。

▼食べごたえがあります!
林檎街道あっぷるぱい



▼ゆべし



▼弘前アップルパイガイドマップより参照



2018年2月16日(金) 東京店

 お知らせ(貝焼き味噌)

 1月18日放送の「十和田バラ焼き」につづき、昨日2月15日(木)放送のテレビ番組【秘密のケンミンSHOW】の県民熱愛グルメのコーナーに「貝焼き味噌」が紹介されました!!!!

▼貝焼き味噌とは…
ホタテ貝殻を鍋代わりに使用し、味噌ベースのだし汁に「ホタテ」「ネギ」「卵」等を入れて煮込んだ、ご飯にぴったりの青森県民の家庭の味。

▼秘密のケンミンSHOW(2月15日放送分)
http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/secret/this_week/bn1697368.html

当店では、みなみや(むつ市)さんの「みそ貝焼きの素(単品)」と「みそ貝焼きの素・帆立貝殻2枚入(14-15cm)」を販売中です!!


▼みなみや「みそ貝焼きの素」



2018年2月13日(火) 東京店

 販売担当のオススメ♪

 明日2月14日(水)のバレンタインデーを前に、ラグノオささき「パティシエのりんごスティック」各種が好評販売中です!!!

★パティシエのりんごスティック…
大きめにカットした青森県産リンゴとスポンジ生地を一緒にパイで包んだ、スティックタイプの食べやすいアップルパイ。青森お土産の定番品です!!

2月13日(火)現在、バラ売り1本、4本セット・袋、5本セット(箱入)、8本セット(箱入)の4種類のを店頭で販売中。売り切れの際は何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。


▼ラグノオささき「パティシエのりんごスティック」



2018年1月30日(火) 東京店

 お知らせ(一升漬)

 青森県の美味しい「一升漬」は当店で販売しております!!!!

★当店で販売中の一升漬は、弘前在来の伝統あるトウガラシ「清水森ナンバ」の一升漬です。2014年にはJTBが主催する第8回「日本おみやげアカデミーグランプリ」にて、カテゴリー毎の最高賞である加工食品部門の金賞を受賞いたしました!!

★2018年1月29日(月)に、とあるテレビ番組で「一升漬」がちょっとだけ紹介されました(卵かけご飯にかける等)。ややネガティブな部分もあるようなので放送内容は省略いたします。減塩は大事です!!


▼清水森ナンバ【一升漬】※冷蔵



2018年1月24日(水) 東京店

 お知らせ(桃川・雪りんご)

 先に開催された「おみやげグランプリ2018」にてフード・ドリンク部門の準グランプリに選ばれ、東京ドームで行われた「ふるさとまつり東京」でも大いに注目を集めた、おいらせ町の酒造会社・桃川のお酒【青森 雪りんご】500mlが入荷いたしました。

 人気の桃川の「にごり酒」に青森県産りんご4種の混濁果汁を加えた贅沢なブレンドで、トロりとした口あたりが特徴。女性への贈り物にも喜ばれそうな鮮やかなブルーの瓶と、青森らしいラベルのデザインも素敵です♪


▼桃川【雪りんご】

※これはお酒です。

2018年1月19日(金) 東京店

 お知らせ(バラ焼きのたれ)

 昨日2018年1月18日(木)放送のテレビ番組、【秘密のケンミンSHOW】の県民熱愛グルメのコーナーに、十和田周辺のご当地グルメ「バラ焼き」が紹介されました!!!!

当店にも朝からお問い合わせを多数いただいております。

▼バラ焼きとは…
牛か豚のバラ肉と大量のタマネギを使用した、しょうゆベースの甘辛いタレで味をつけ鉄板で焼く十和田市周辺のご当地グルメです。

▼秘密のケンミンSHOW
http://www.ytv.co.jp/kenmin…/secret/this_week/bn1697363.html

当店では、「スタミナ源たれ」でおなじみの上北農産加工さんの「バラ焼きのたれ」を販売中です。

▼上北農産加工【バラ焼きのたれ】



2018年1月17日(水) 東京店

 入荷情報(トゲクリガニ)

 野辺地町より、陸奥湾産の【トゲクリガニ】と【活ホタテ】が少量ですが店頭入荷いたしました。

▼トゲクリガニの詳しい説明はこちらから
青森のうまいものたち 2012年5月号『トゲクリガニ』
http://www.umai-aomori.jp/kn…/syun/201205/togekurigani.phtml

▼トゲクリガニ



2018年1月15日(月) 東京店

 入荷情報(豊盃・酒粕)

 津軽の名酒、三浦酒造【豊盃(ほうはい)】の板粕が今季初入荷いたしました。豊盃の新酒を搾ってつくられる貴重な酒粕は、豊盃特有の華やかなでフルーティーな香りと味わいで、当店の冬の人気定番商品となっております!豊盃の希少な酒粕で華やかな味わいの甘酒を作ってみてはいかがでしょうか?!

▼豊盃の酒粕1kg



2018年1月13日(土) 東京店

 お知らせ(日本全国アンテナショップでいいもの探し)

 扶桑社さんのWEBサイト・日本全国お取り寄せ手帖、おいしい連載 第27回青森①【日本全国アンテナショップでいいもの探し】 にて、東京店で販売している商品を取材いただいた記事が1月12日より公開されました!!!!

【Link】…https://www.otoriyosetecho.jp/column/sakaguchiakiko/12244/

▼扶桑社「日本全国アンテナショップでいいモノ探し」



2018年1月11日(木) 東京店

 入荷情報(青森県産りんご・金星)

 青森県産りんご「金星(きんせい)」が店頭入荷しております!!さっぱりとした甘みと上品な香り、爽やかな果汁・口あたりが特徴の金星は、1971年に名称登録されているようですが、スーパーなどではなかなかお目にかかれないちょっと珍しいりんごです。

▼青森県産りんご・金星



2018年1月5日(金) 東京店

 新年明けましておめでとうございます!!

 東京店は年末年始のお休みをいただいておりましたが、本日1月5日(金)より2018年の営業を開始しておりますので取り急ぎご案内でございます。

 2018年に初めてご来店いただくお客様も多いかと思いますので、青森県特産品センター東京店の詳細情報について改めてご案内させていただきます。

 青森県特産品センター アンテナショップ東京店
 ◆営業時間
 平  日:10時~18時30分
 土曜日:10時~15時30分
 ※日曜日と祝日は定休日となっております
 
 ※津軽藩ねぷた村内にある【青森県特産品センター弘前店】につきましては年中無休(9時~17時・観光シーズンは延長営業有り)です。

 ◆住所:東京都中央区新富1-3-9東光ビル1階
お店の向かいに「アパホテル新富町駅北」があります。また、近くには首都高速の「京橋」の入口なども。

 ◆最寄り駅:東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A3出口から徒歩6分、東京メトロ有楽町線「新富町駅」3番出口から徒歩6分、都営浅草線「宝町駅」1番出口から徒歩7分。

 ◆電話:03-5540-7311 道に迷った時はお気軽にご連絡ください!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

▼東京店の人気商品「熟成黒にんにく」




⇒ 2017年の過去ニュースへ

サイトマップ | 個人情報保護方針 | お問合せ&メール対応について
Copyright(c)2004-2018 aomoriken tokusanhincenter, all rights reserved.

▼関連ページ … トウガラシ博士(清水森ナンバ)
▼関連ページ … 
楽天市場【青森の店】
▼関連ページ … 津軽藩ねぷた村