HOME&NEWS TOP(ホーム&ニューストップ) 【更新】2020年1月24日



クリック↑で、当店のネット販売サイト・楽天市場【青森の店】へ


青森県特産品センターへようこそ!当店は、青森県内の生産者及び生産者団体の販売窓口です。アンテナショップ東京店・弘前店の活動案内、旬にこだわった特産品のお買い物がお楽しみいただけます。

 トウガラシ博士のコーナー 


▼2020年1月6日更新
「農業ひろさき(令和2年1月1日 第167号)」に、
2020年度の新規栽培会員募集のお知らせを掲載いただいております!
※弘前市、西目屋村、大鰐町、平川市、田舎館村の方への募集となります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017年2月9日開設
在来津軽「清水森ナンバ®」 公式FACEBOOK

※青森県特産品センターの【リンク】ページよりおすすみください。

2017年8月17日開設
青森県特産品センター東京店 公式FACEBOOK



NEWS MENU > 2019年 | 2018年 | 2017年  2016年  2015年 



▼東京店・入荷情報
1/23(木) 弘前より、野菜(ほうれん草、小松菜、春菊、アスパラな、長ねぎ)が入荷。
1/21(火) 三戸町より、りんごチップスと干柿が少量入荷。
1/17(金) 人気のサバ缶・マルヌシ「サバ缶バー」各種が入荷。

※現在販売中の青森りんごは「サンふじ」「王林」「世界一」です。

2020年1月24日(金) 東京店

 
商品紹介(りんご茶)


東京店がある新富町(中央区新富)界隈は、今年に開催される東京オリンピックを前にたくさんのホテルが建設されました。銀座方面への宿泊拠点にもなっているようですので、ここ数年は外国のお客様がフラっとご来店されることが多いです。

品質の高い青森県産りんごは海外でも非常に人気があることは知られておりますが、当店において、特に中国をはじめとした東アジア方面の観光客の方に人気が高いのが「りんご茶」です。

▼マキュレ【りんご茶】35g(5g×7包)
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/10001236/

無添加・無香料。青森りんごをまるごと1個自然乾燥。自然の恵みをたっぷり吸収したフレッシュな青森県産りんご100%をそのまま乾燥させ、ひとつひとつ手作業にて丹念に作り上げております。お土産にもオススメです♪

暖冬とはいえ寒い日が続きますので、
温かいりんご茶でホッと一息いかがでしょうか。

▼マキュレ【りんご茶】




▼こちらも外国の方に人気の【アップルスナック】



2020年1月15日(水) 東京店

 
入荷情報(豊盃の酒粕)


津軽が誇る人気の地酒・三浦酒造【豊盃(ほうはい)】の酒粕が入荷しております。

今期は絞り機が不調とのことで、いわゆる板状の四角形の板粕ではなく、バラけた状態を袋詰めしての販売となっておりますが、味はもちろん美味しい豊盃の酒粕。華やかな香りと味わいは甘酒に最高です!!

※確保にややお時間を要する品物ですので、売り切れの際は何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

<1/15店頭入荷情報>
三戸町より「干し柿」や「切干大根」「干葉」、弘前市より青森りんご「サンふじ」「世界一」「王林」等が入荷。

▼これが売れてます!!


▼青森りんご【世界一】



▼干し柿(三戸町)



2020年1月7日(火) 東京店

 
★2020年の初投稿です!


遅くなってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます!!

東京店は本日1月4日(土)より2020年の営業をスタートしております。
本年も皆様にとって特別なお店となれるよう営業してまいりたい所存です。

さてさて、

毎年のご案内になりますが、2020年に初めてご来店いただくお客様もいらっしゃるかと思いますので、青森県特産品センター東京店の情報について改めてご案内させていただきます。

★青森県特産品センターアンテナショップ東京店

▼営業時間
平 日:10時~18時30分
土曜日:10時~15時30分
※日曜日と祝日は定休日ですのでご注意ください。
 
弘前市にある人気観光施設「津軽藩ねぷた村」内にある青森県特産品センター弘前店につきましては、年中無休(9時~17時・観光シーズンは延長営業有り)です。

▼住所:〒104-0041 東京都中央区新富1-3-9東光ビル1階
お店の目の前には「アパホテル新富町駅北」「ローソン新富1丁目店」があり、近くには首都高速「京橋」の入口や「京橋プラザ区民館」、ちょっと離れますが「中央区役所」や「築地警察署」も歩いて行ける距離です。

▼最寄りの駅
東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A3出口から徒歩6分。
東京メトロ有楽町線「新富町駅」3番出口から徒歩6分。
都営浅草線「宝町駅」1番出口から徒歩7分。

※JR「有楽町駅」京橋口から徒歩13-14分程度の距離です。
※「八丁堀駅」の出口を間違えると、かなり離れたところに出てしまう可能性があるのでご注意ください。

▼連絡先
TEL:03-5540-7311
FAX:03-5540-7312
Mail:info@aomori-shop.com

道に迷った時は気兼ねなくご連絡ください!!!
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

担当:高森(東京店)


▼2019年にすごい勢いで売れていた「カリポリ貝ひも」。
青森土産の新定番になりつつあります。




2019年12月30日(月) 東京店

 
★2019年最後の投稿です


本日12月30日が年内最終営業日(閉店時間:18時30分)となりますので、改めてご案内させていただきます。

◇年末年始休業日 : 2019年12月31日~2020年1月3日
年明けは1月4日(土曜日:10時~15時30分)より営業を再開いたします。

※1月5日は日曜定休日ですのでご注意ください。

※津軽藩ねぷた村(青森県弘前市)、青森県特産品センター弘前店は年末年始も年中無休で元気に営業しております!!

本年もたくさんのお客様にご来店をいただき誠にありがとうございました。30周年を迎える2020年も、皆様にとって特別なお店になれるよう営業してまいりたいと思います。

ちなみに・・・

2019年、東京店で最も売れた品物はは十三湖産「活しじみ(大和シジミ)」でした!!!次いで「ときわにんにく」「熟成黒にんにく」となっております。

▼これが売れてます!
駒嶺商店・真いか塩辛(冷凍)



▼十三湖しじみラーメン(1人前)


▼12/30入荷 一町田のせり



2019年12月27日(金) 東京店

 
★入荷速報(さば水煮缶)


令和元年(2019年)に獲れた八戸産の秋鯖だけを原料に使用した限定商品、みなみや【さば水煮(缶)】が店頭入荷いたしました!!

昨年の製造分は、2018年のサバ缶ブームの余波で春ごろには売り切れてしまいましたので、2019年製造分は先行して多めに確保できれば思いますが、早々に売り切れてしまった際は何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

なお、東京店の2019年の営業も今日を含めて残すところあと2日。年末にご来店を予定されているお客様は十分にご注意いただきますようお願い申し上げます。

 12/28(土)10時~15時30分
 12/29(日)日曜定休日
 12/30(月)10時~18時30分(年内最終営業日)
 
※12/31から1/3までの4日間は年末年始休業日です。

★津軽藩ねぷた村(青森県弘前市)内の弘前店につきましては年中無休で営業しております。
https://www.facebook.com/tsugaruhanneputamura

▼令和元年秋鯖限定商品【さば水煮(缶)】
1/3


2019年12月21日(土) 東京店

 
<重要>年末年始休業日のお知らせ(東京店)


東京店は下記の日程(12/31-1/3)でお休みさせていただきます。年末年始にご来店を予定されているお客様は十分にご注意いただきますようお願い申し上げます。

▼年末年始の営業スケジュール
 ◇12月27日(金)…10時~18時30分まで。
 ◇12月28日(土)…10時~15時30分まで。
 ◇12月29日(日)…日曜定休日

 ◇12月30日(月)<年内最終営業日>
  ⇒営業時間:10時から18時30分まで。

 【年末年始休業日】 12月31日~1月3日

 ◇1月4日(土)<2020年の営業開始日>
  ⇒営業時間:10時から15時30分まで。

 ◇1月5日(日)…日曜定休日
 ◇1月6日(月)…通常営業(10時から18時30分まで)

なお、青森県特産品センターアンテナショップ東京店の本社である、弘前公園すぐ横の人気観光施設【津軽藩ねぷた村(青森県弘前市)】は年中無休で営業しております。年末年始に弘前に帰省される皆様、ねぷた村のほうにも是非お立ち寄りいただければと思います(^^)

★入荷情報
青森市の工藤パンが製造し、山崎パンが販売する人気のお菓子「シベリア」シリーズの限定品「りんごシベリア」が店頭入荷中!!青森県のご当地アイドル「りんご娘」さんとのコラボパッケージです。






2019年12月13日(金) 東京店

 
青森りんご【サンふじ】が最盛期!!!


個売りの店頭販売はもちろん、弘前市からの産地直送のご注文もまだまだ受付中。年の瀬の喜ばれる贈り物として、今が旬の青森りんご【サンふじ】がオススメです♪
※産地直送品の「サンふじ」は、3kg・5kg・10kgの単位で販売中です。

▼下記は店頭入荷情報です(12月~)

★ゼネラルレクラーク(洋梨)
西洋(フランス)生まれの洋梨。日本に持ち込まれた洋梨約150種類のなかのひとつで、青森県南部町青年グループが昭和63年に日本で初めて導入した品種。とろけるようななめらか食感が美味です!!

<JA八戸のHPより抜粋>
「ゼネラル・レクラーク」の特性は、ひときわ目をひく大きさと黄金色の果皮、そしてとろけるような食感です。洋なしとしては酸味がややありますが、その果肉はきめ細かくなめらかで、果汁はかなり豊富。独特の芳香があり、最もおいしい洋なしに数えられます。

★スタミナ源たれ鍋つゆ
青森県が誇るご当地万能調味帳「スタミナ源たれ」の味をベースに作られた鍋つゆ(4倍濃縮タイプ)。
寒いこの時期、お野菜たっぷりのお鍋でも、青森の定番「源たれ」の味わいでお楽しみいただけます!!!

★弘前シードル工房「kimoriシードル(ハーベスト・やや辛口)」
原料のりんごに「つがる」を使用した収穫期限定「ハーベスト」が入荷中。人工的に炭酸を補充せず、タンクに密閉して二次発酵させることにより、発酵時に発生する炭酸をそのまま果汁に溶け込ませる自然な製法で造られるkimoriのシードルは果実感のある深い味わいで人気です!!

他にも、田酒のソフトキャンディー(田酒 酒粕あめ)、ねぶた漬500g&特選ねぶた漬250g、大人のカリポリッチ(黒カレー味)等が店頭入荷しております。

これから年末に向けて、いろいろ入荷する予定です!!

<入荷予告>
三浦酒造【豊盃】の白い酒粕が来週頃に入荷予定です。


▼特選サンふじ


▼ゼネラルレクラーク


▼スタミナ源たれ鍋つゆ


▼kimoriシードル


▼ねぶた漬



2019年12月4日(金) 東京店

 
入荷情報(11月下旬~)


お歳暮のシーズンと青森りんご【サンふじ】の旬の時期を迎え、多忙につきややご案内が遅くなってしまいましたが、冬季の商品が色々と入荷しておりますので一気に紹介いたします!!!

★青森りんご【サンふじ】
言わずと知れた定番品種。本年度は店頭への登場がやや遅くなりましたが、蜜が確認できる個体も多く、今がまさに旬です!!!!店頭にて産地直送のご注文も承っております。

★赤カブ千枚漬
ウソみたいに真っ赤に染まっております。着色しているのではなく、甘酢で漬けることで天然の色素が赤カブから流れだし、全体が赤く染まります。お一人で何個も買う方が多く、長年たくさんのお客様に愛されている、春前までの季節限定品です。

★八戸種類【三戸のどんべり】純米酒※にごり酒・限定酒
今年も60本入荷!!!ほのかに甘いので、日本酒があまり得意ではない方や女性にもとっても飲みやすい仕上がり。素朴なパッケージと、濁りの白さが青森の雪を思わせる、年の瀬の贈り物にピッタリの人気の地酒です。

★りんごチップス
りんごを皮ごと薄くスライスし、乾燥させただけのナチュラルなおやつ。お子さんも安心してお召し上がりいただけます。サンふじ・紅玉・ジョナゴールド・王林など、不定期ですが色々な品種が入荷いたします。

★赤紫蘇の葉の酢漬け【抱きしめたい】11月下旬~
おにぎりに巻くのが定番。サラダに入れたりもする方も。ネット販売で非常によく売れている人気の商品です。
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/1242194/

他にも、鬼ぐるみ(和ぐるみ)・菊芋・ぎんなん・干し菊、上北農産加工「スタミナ源たれ鍋つゆ」や、生姜味噌おでん(缶)なども店頭入荷中です。

▼2019年・サンふじ


▼赤カブ千枚漬


▼三戸のどんべり(にごり純米酒)


▼りんごチップス


▼赤紫蘇の葉の酢漬け【抱きしめたい】




⇒ 2019年の過去ニュースへ

サイトマップ | 個人情報保護方針 | お問合せ&メール対応について
Copyright(c)2004-2020 aomoriken tokusanhin center, all rights reserved.

▼関連ページ … トウガラシ博士(清水森ナンバ)
▼関連ページ … 
楽天市場【青森の店】
▼関連ページ … 津軽藩ねぷた村