HOME&NEWS TOP(ホーム&ニューストップ) 【更新】2019年4月22日



クリック↑で、当店のネット販売サイト・楽天市場【青森の店】へ


青森県特産品センターへようこそ!当店は、青森県内の生産者及び生産者団体の販売窓口です。アンテナショップ東京店・弘前店の活動案内、旬にこだわった特産品のお買い物がお楽しみいただけます。

 トウガラシ博士のコーナー 


▼2019年4月9日更新
4月6日 第16回 在来津軽「清水森ナンバ」ブランド確立研究会 総会が
津軽藩ねぷた村にて連携団体の参加を得て行われました。
総会前には、恒例のJAつがる弘前による土壌検査結果指導が実施されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017年2月9日開設
在来津軽「清水森ナンバ」 公式FACEBOOK

※青森県特産品センターの【リンク】ページよりおすすみください。

2017年8月17日開設
青森県特産品センター東京店 公式FACEBOOK



NEWS MENU > 2018年 | 2017年  2016年  2015年   2014年  



▼東京店・入荷情報
4/20(土) 人気の地酒、西田酒造【喜久泉】吟冠吟醸造300ml(※要冷蔵)が入荷。
4/18(木) 弘前市より、「行者にんにく(アイヌネギ)」が再入荷。

4月 階上町より、北三陸産【新物わかめ】が入荷中。
4月 人気のさば缶、マルヌシ「八戸サバ缶バー」
津軽海峡の塩・トムヤムクン・ゆずこしょう・グリーンカレーの4種類が入荷中。



2019年4月16日(火) 東京店

 
入荷情報(お魚とトゲクリガニのメス)


本日、深浦町より鮮魚(カサゴ、メバル、タイ、カレイ、タコ)が入荷いたしました。
特にメバルは青森県の春告げ魚とも言われており、今まさに脂がのって美味しい時期を迎えております。

そして、陸奥湾産「トゲクリガニ」のメスが初入荷いたしました!!オスに比べやや小ぶりにはなりますが、この時期のメスは卵(内子)もちで非常に人気があります。

余談ですが…、トゲクリガニのメスが入荷すると青森の桜の季節を強く感じます(=´∀`)

山菜が本格的に入荷する前に、
青森の美味しい魚介類も是非ご検討ください!!

▼トゲクリガニ・メスの蟹味噌と卵(内子)

▼たくさんのトゲクリガニ・メス

▼深浦町より鮮魚が入荷。

▼青森の春告げ魚「メバル(目春)」



2019年4月9日(火) 東京店

 
入荷情報(新物わかめ)


階上町より、今年採れた北三陸産「新物わかめ」が入荷いたしました!!

肉厚で弾力のあるプリップリの食感と、新物ならではの風味豊かな味わいが絶品の人気商品です!!大きな箱に入って届いたわかめを店内で袋詰めして販売中。(200gと350g)

※水揚げ後に湯通ししたのち、日本の伝統的な保存方法をもちいて冷却・脱水・塩蔵したわかめです。水で戻し塩分を抜いてお召し上がりください。しゃぶしゃぶ・サラダ・酢の物・汁物等。

▼新物わかめ(4/8入荷)





2019年4月4日(木) 東京店

 
入荷情報(行者にんにく)


弘前市より、人気の山菜「行者にんにく」が入荷いたしました!!

▼行者にんにくとは・・・
修験道の行者たちが厳しい修行を行った際に山の中で食べたとされる山菜で、にんにくに似た独特の香りがすることからその名がついたとされる【行者にんにく】は、春先に登場する定番の山菜のひとつです。天然物も、栽培物も、収獲できる大きさになるまでに3~5年ほどかかる言われており、貴重な山菜としても知られております。

 滋養強壮や疲労回復に効果がある「アリシン」を豊富に含んでいることでも知られており、おひたしや天ぷらだけではなく、ニラと同じような感覚で様々なお料理にご利用いただけます。また、生のまま味噌をつけて食べる方や、刻んで醤油漬にするお客様も!!初めてのお客様でも簡単に調理できるオススメの山菜です。

・・・・・・・・・・・・

これからの季節、様々な旬の山菜が入荷予定です(^^)
店頭に並ぶ山菜から青森の春を感じてください。

★4/4(木)入荷・・・陸奥湾産「トゲクリガニ(オス)」、同じく陸奥湾産「ホタテの稚貝」、
            UHA味覚糖の「e-maのど青森」シャイニーアップルジュース味等。

▼行者にんにく


▼陸奥湾産「トゲクリガニ(オス)」



▼【新入荷】UHA味覚糖の「e-maのど青森」
シャイニーアップルジュース味




2019年4月1日(月) 東京店

 
お知らせ(新元号記念 金魚ねぷた)


 本日、新元号が発表されました。これから新しい時代を迎える記念に、青森県特産品センター弘前店のある、弘前公園すぐ側の人気観光施設「津軽藩ねぷた村(青森県弘前市)」では、本日より「新元号記念 金魚ねぷた」の製作が開始されております。金色に艶めくキラキラ仕様、そして短冊には新元号の「令和」の文字が。記念に是非ご検討ください!!

▼詳しくはこちらから。
津軽藩ねぷた村・公式FACEBOOK
https://www.facebook.com/tsugaruhanneputamura

▼新元号記念 金魚ねぷた







2019年3月25日(月) 東京店

 ★販売担当のオススメ♪(お花見)


東京では先週3月21日に桜の開花宣言がなされ、今週末頃がお花見のピークを迎えることと思われます。
そんなお花見を控えた皆様に、当店からオススメ商品をご紹介いたします。

▼なかよし80g
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/1280747/

「チーズとイカのハーモニー」のキャッチフレーズでお馴染みの「なかよし」は、八戸の名産品であり、お土産としても長く愛されている定番品です。八戸港で水揚げされた良質なイカでチーズを挟んだ、シンプルかつ絶妙な味わいの組み合わせは、お花見の席でも喜ばれるおつまみになってくれるはずです。

※当店は、なかよし80g・なかよしブラックペッパー80g・なかよしカマンベール80gの3種類を販売中です。


▼カリポリ貝ひも40g
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/10000514/

ほたての貝ひもをカリカリに揚げて絶妙な味付けを施した人気商品。
カリッ、ポリッ、の心地よいの食感とあいまって、食べ始めると止まりません!!

※当店では、チキンミックス・ガーリック・津軽海峡の塩・マヨネーズの4種類を販売中。ちなみに、4月6日ごろより新しい味が入荷予定です。

▼ふじりんごのチューハイ350ml(缶)
地酒(日本酒・焼酎・シードル等)の販売も行っておりますが、お花見の席でちょい飲みであれば、気軽に飲める「青森県産ふじりんごのチューハイ」がオススメです。ふじりんごの果汁感が飲みやすいですよ(^^)


その他にも、オススメ商品が多数あります!!
お花見の買い出しの際は、当店のご利用も是非ご検討いただければと思います。

▼お花見に!!



2019年3月19日(火) 東京店

 ★入荷速報 【ふきのとう・寒じめほうれん草】


三戸町の農産加工品直売所「SAN・SUN産直ひろば」より、春の訪れを知らせてくれる山菜「ふきのとう」と、「寒じめほうれん草」が入荷いたしました。

「寒じめ」は、収穫間近になった菜っ葉をわざと寒さに当てる栽培方法で、「寒じめ」することによって葉は凍りつかないように水分を少なくし、糖分をため込むことから甘みが増す。うまみ成分であるアミノ酸含有量やビタミンCも上昇、肉厚な葉の食味と強い甘味が特徴の「寒じめほうれん草」に仕上がる!!!とのことです(^^)

▼青森産品情報サイト【青森のうまいものたち】
旬の食材「寒じめほうれん草」より抜粋しました。
https://www.umai-aomori.jp/season-rep…/…/kanjimehorenso.html

東京はすっかり春です。
桜の開花まであとちょっと。

▼3/19(火)入荷の「ふきのとう」


▼3/19(火)入荷の「寒じめほうれん草」



2019年3月13日(水) 東京店

 ★入荷速報 【ほたての稚貝】


3/13(水)、初入荷から大変ご好評いただいている陸奥湾産「トゲクリガニ」と、同じく陸奥湾で採れた「ホタテの稚貝」(今期2回目)が入荷しております。

稚貝は、ホタテ養殖の生育の過程で間引かれた若いホタテ。サイズは小さいですが、貝を開けると小さな貝の中に実がしっかりと詰まっており、味はもちろん美味しい陸奥湾のホタテ。お味噌汁や酒蒸し、バター焼きなど様々な調理法で食されております。夕飯のおかずの一品にいかがでしょうか!?

特別価格で販売中です!!!

▼3/13(水)の夕方に入荷。


2019年3月5日(火) 東京店

 ★入荷速報 【遊天】と【弘前城しいどる】


20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人、 青森県出身の板画家・棟方志功がこよなく愛した津軽の地酒【遊天(ゆうてん・弘前銘醸)】純米吟醸720mlが初入荷いたしました!!

また、これからの季節にぴったりのお酒、平成29年度青森県特産品コンクール青森県知事賞受賞の奥ゆかしくも華やかな「和」のシードル、弘前銘醸「弘前城しいどる」クリア500mlと、無ろ過スイート500mlが各12本ずつ入荷しております。この1本から青森の春を感じてください(^^)

▼中央・弘前銘醸「遊天」純米吟醸720ml

▼弘前銘醸「弘前城しいどる」500ml



2019年2月26日(火) 東京店

 ★入荷速報(アピオス)


七戸町産の青森県産アピオス(ほどいも)が入荷中です。

 アピオスはマメ科のつる性植物の根っこの部分で、原産地は北米。日本ではリンゴが導入された際に、りんごの苗木の中にアピオスが混じっていたと考えられており、青森県から広まったと言われております。

 茹でたり、揚げたり、焼いたり、電子レンジで加熱したりして簡単に調理でき、栗とイモを合わせたような味わいで人気です。また、栄養価が高いことでも知られており、ネット上では「スーパーフード!」として紹介されていることが多々あります(^^)

▼アピオスSサイズ200g


楽天市場【青森の店】にて好評販売中です。
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/10000737/


2019年2月19日(火) 東京店

 ★入荷速報(トゲクリガニ)


陸奥湾産「トゲクリガニ」が初入荷いたしましたので取り急ぎご案内させていただきます。
もちろん生きてます!

▼トゲクリガニ
青森のうまいものたち 2012年5月号『トゲクリガニ』
http://www.umai-aomori.jp/kn…/syun/201205/togekurigani.phtml

<本文を抜粋>
トゲクリガニは春に旬を迎え、ガサエビ(シャコ)と並び、青森の花見には欠かせないものです。毛ガニより小ぶりですが、味は毛ガニと似ており、それ以上に美味しいと言う人もいます。旬の春は、濃厚な風味のカニ味噌が詰まっており、他のカニでは味わうことのできない極上の味です。県外ではほとんど流通していないため、ぜひ青森での花見の際に食べていただきたい逸品です。文豪・太宰治もトゲクリガニが大好物で、小説「津軽」の中にも登場しています。

▼トゲクリガニ

【入荷履歴】2/19、2/26、3/5、3/12、3/19、3/27、4/2、4/4、4/9、
4/16(メスが初入荷)、4/18


2019年2月15日(金) 東京店

 ★入荷情報(さばこんぶだし炊き)


 みなみや(むつ市)さんの人気の鯖缶シリーズに新しい仲間が登場しました!!

▼さばこんぶだし炊き(缶)200g 税込400円
新鮮な秋鯖を「むつ関根浜産昆布」を使用し「だし炊き」缶にしました。こんぶ出汁で味付けしているから、昆布のうま味が鯖の身にほど良く馴染んで、塩分が気になる方にもオススメできる鯖缶となっております。
https://item.rakuten.co.jp/aomori-shop/10001293/

・・・・・・・・・・

なお、様々なメディアに特集されたため、健康食材としても人気が高い鯖缶ですが、「さば水煮缶」については店頭在庫分(残り360個ほど)がなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。

▼さばこんぶだし炊き


▼みなみや鯖缶シリーズ



2019年2月4日(月) 東京店

 ★入荷情報(豊盃酒粕)


 例年よりもやや入荷が遅れておりましたが、津軽を代表する地酒のひとつ、三浦酒造「豊盃(ほうはい)」の酒粕(板粕)がついに入荷いたしました!!豊盃特有の華やかで香りと味わいで、甘酒に最高の酒粕です。季節限定品として販売中。人気商品ですので、品切れの際はご容赦いただければと思います。

▼豊盃酒粕1kg



2019年1月26日(土) 東京店

 ★試食販売(いかだいこん)
※終了いたしました。


1/26(土)、八戸市の社会福祉法人「ユートピアの会」さんが手掛ける美味しくヘルシーな【いかだいこん(しょうゆ味・ピリ辛味)】の店頭試食販売を実施中。本日15時頃までです!!

<いかだいこん>
https://utopia-world.com/fukushinoeki/archives/category/item

▼試食販売中です。


▼「いかだいこん」しょうゆ味



2019年1月22日(火) 東京店

 ★入荷情報(カ印つがる漬)


先週ご案内しておりました津軽生まれの「ザリガニ」たちですが、残りがわずかとなっております。最後の1匹が旅立つその日まで、責任もってしっかり飼育していきたいと思います!!

さてさて、

先週は鎌田屋商店「金つがる漬」の300g・500g・1kgを入荷しておりましたが、今週は「カ印つがる漬」150gが入荷いたしました。ドンと1本の数の子が豪快に入ったのが「カ印つがる漬」です。もちろんスルメや大根も入っており、熱々の白いご飯にベストマッチな仕上がり(^^)

※早々に売り切れてしまった場合は何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

他にも鎌田屋商店「つがる漬小袋」や「にしん飯寿し」「紅鮭飯寿し」、三戸町の農産加工品直売所「SAN・SUN産直ひろば」からは「干し柿」「りんごチップス」が入荷しております。





2019年1月17日(木) 東京店

 ★入荷情報(豊盃)


絶大な人気を誇る津軽の地酒、三浦酒造【豊盃(ほうはい)】特別純米酒720mlと、純米吟醸酒(豊盃米)720mlが各12本ずつ入荷いたしました!!!

何度もご案内しているかもしれませんが、当店では「豊盃」の特別純米酒もしくは純米吟醸酒が、毎月合計24本くらいのペースで入荷いたします。
※特別純米酒しか入荷しないときもあります。

限られた入荷本数に対し豊盃の需要が非常に大きいことから、当店では「豊盃」のご購入についてはお一人様1本までとさせていただいております。大変恐縮ですが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

当店に限らず、運よく店頭で「豊盃」を見つけた際は、是非ご購入を検討いただければと思います!!

<追記・予告>
そろそろ豊盃の酒粕(板粕)が入荷すると思われますので、入荷次第、FBやHPなどでご案内させていただきます。豊盃のフルーティーな味わいと華やかな香りは甘酒等でも味わえますよ(^^)




2019年1月8日(火) 東京店

 ★入荷情報(金つがる漬)


津軽の定番、鎌田屋商店(弘前市)の「つがる漬」が入荷しております。今回は「金つがる漬」!!数の子のかたちが崩れることなくそのままゴロゴロ入った見た目にも贅沢なつがる漬です。新年のご挨拶にオススメ♪

※2019年1月より「金印つがる漬」は「金つがる漬」に名称変更いたしました。
※今回は少量入荷のため売り切れの際はご容赦ください。

▼金つがる漬300g、500g、1kg

※完売しました!

2019年1月4日(金) 東京店

 ★2019年の営業始めです!


新年あけましておめでとうございます!!
東京店は本日1月4日(金)より2019年の営業をスタートしております。
本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

さてさて、

 2019年に初めてご来店いただくお客様も多いかと思いますので、青森県特産品センター東京店の詳細情報について改めてご案内させていただきます。

 青森県特産品センター アンテナショップ東京店
 ◆営業時間
 平 日:10時~18時30分
 土曜日:10時~15時30分
 ※日曜日と祝日は定休日となっております。
 
※青森県弘前市にある人気観光施設「津軽藩ねぷた村」内にある【青森県特産品センター弘前店】につきましては、年中無休(9時~17時・観光シーズンは延長営業有り)です。

 ◆住所:東京都中央区新富1-3-9東光ビル1階
 お店の向かいには「アパホテル新富町駅北」や「ローソン新富1丁目店」があります。
 また、近くには首都高速の「京橋」の入口や「京橋プラザ区民館」、
 ちょっと離れますが「中央区役所」も歩いて行ける距離です。

 ◆最寄り駅:東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A3出口から徒歩6分、
 東京メトロ有楽町線「新富町駅」3番出口から徒歩6分、
 都営浅草線「宝町駅」1番出口から徒歩7分。

 ◆電話:03-5540-7311
 お客様曰く、変わった場所(!?)にありますので、道に迷った時は気兼ねなくご連絡ください。

▼南部町の松倉農園「八助梅漬」




⇒ 2018年の過去ニュースへ

サイトマップ | 個人情報保護方針 | お問合せ&メール対応について
Copyright(c)2004-2019 aomoriken tokusanhincenter, all rights reserved.

▼関連ページ … トウガラシ博士(清水森ナンバ)
▼関連ページ … 
楽天市場【青森の店】
▼関連ページ … 津軽藩ねぷた村